So-net無料ブログ作成
検索選択

「ラストコップ THE MOVIE」のトークイベント付応援上映会 レポート [黒川智花] [智花ウォッチング]

日曜日の「ラストコップ THE MOVIE」のトークイベント付応援上映会に行ってきました(^_^)。簡単にレポしますね。

上映されたのは新宿ピカデリーで、新宿東口から徒歩5分ぐらいのところです。この映画館は以前に来たことがあるような気がしますが、どの映画の時だったかは思い出せません。近くに舞台「セミナー」が上演された紀伊國屋ホールのある紀伊国屋書店もあります。

応援上映会ということで、長細い風船(スティックバルーンと言ってました)を二つあらかじめ配られて、それを膨らませて、振ったり、拍手のように二つをぶつけて音を出して応援したりしました。確か、この作品のテーマカラーの緑色のものでした。昨日の智花日記にそのスティックバルーンを持って唐沢さんと一緒に写っている智ちゃんの写真が載りました。舞台は無事完走したそうです。智ちゃん、お疲れさまでした!でも、日曜日は朝から「あなそれ」の撮影だったそうです。こちらも、そろそろクランクアップが近そうです。

映画の上映に先立って応援の仕方について説明がありましたが、MCの方に続いて、早く到着したというマギーさんと伊藤沙莉(さいり)ちゃんのコンビで応援の予行演習をしました。どこでどのように応援の声を上げるかなどの練習でした。

映画は3回目でしたが、みんなが応援しているとさらに面白く感じました(^_^)。最後のエピローグの特典映像は1パターンのみ(小日向さんが映画監督になっていたというパターン)でした。面白い映画だと思うので、未見の方はぜひご覧になってくださいね。

上映が終わった後、トークイベントがありましたが、登壇したのは、予めアナウンスがあった、唐沢寿明、黒川智花、伊藤沙莉、田山涼成、マギーのみなさんに加えて、竹内涼真くんが参加しました。MCは、日テレ関係の方だと思いますが、肩書きが記憶に残っていません。ドラマの撮影現場も熟知している感じだったので、プロデューサーさんか何かかもしれません。

智ちゃんは、シンプルな赤と白の衣装でした。また観客のための撮影タイムがあったので写真を少し載せますね。私は会場の前後左右とも真ん中あたりの席でしたが、智ちゃんが笑顔で手を振ってくれたように思いました。私の周りにも智ちゃんと顔見知りの智花ファンの方がいたかもしれず、私向けだったかどうかは、確実には分かりませんが、嬉しかったです(^_^)。

IMG_2452.jpg


IMG_2463.jpg


トークイベントは、MCの方の司会で進みましたが、MCの方がお題を出して、大喜利のように出演者の方が手を挙げて答えるという形式でした。お題は確か三つほど出たと思います。1)この作品で特に印象に残っているシーンは?2)自分や他のキャストの(撮影時の?)エピソードなどは?3)もし続編が作られるとしたらどのようなシーンに出たいか?というようなものでした(少し正確ではない気がしますがご容赦を)。

智ちゃんは奥ゆかしいので、1)のお題の時は積極的に手を挙げて答えることはありませんでした。でもせっかく参加しているのに喋らないのは悲しいと思ったのか、2)と3)のお題に対しては答えていました。

2)については、この作品の一番最初(シーズン1の第1話)で、沙織が京極さんに蹴りを入れるシーンがあったと思いますが、そのシーンで智ちゃんのキックが唐沢さんの頭に当たりそうになるのを寸止めするのが難しく、頭に当たりそうになったというエピソードを話していました。唐沢さんからは、実は当たってたんだよという突っ込みがありました。多分嘘だと思いますが、智ちゃんは趣味でキックボクシングをやってるからという言い訳をしていました(笑)。

3)については、隣に座っている伊藤沙莉ちゃんと一緒に婚活パーティーに出るシーン(Hulu配信分)があったけれど、二人のシーンがもっと欲しかったというようなことを言っていました。二人で新兵器を開発して悪者をやっつけたいということも言っていました(^_^)。二人は仲が良さそうに見えました。

智ちゃん以外のエピソードでは、竹内くんが寝坊して3時間も他のキャスト(藤木さんとか)を待たせた話が紹介されていて、唐沢さんから突っ込まれてました。観客席に脚本家の方もみえていました。

またまたラストコップイベント開催! [黒川智花] [智花ウォッチング]

昨日はマネ日記、今日もマネ日記と智花日記が更新されました(^_^)。

昨日のマネ日記は「あなそれ」の放送日だという告知でした。先週は、森ちゃんの私服姿が登場したという話もありました。確かに、いつも医院の制服姿だったので新鮮でしたね。

今日はどちらも「ラストコップ THE MOVIE」のイベント(以下にご紹介)の情報が載りました。また、智花日記によると、「あなそれ」で森ちゃんのプライベートが見えてくるとのことです。これは楽しみですね。


【「ラストコップ THE MOVIE」応援上映 実施概要】
応援上映は、声援OK、サイリウム(ペンライト)やグッズの持ち込み、コスプレOKの特別上映会です。「刑事の勘だ!」「早く帰りてぇなぁ〜〜」など、おなじみの名セリフへのかけ声や、印象的なセリフを唱和したり、「コマネチ!」を一緒にやってみたり、重力無視のアクションシーンにお好きにツッコミを入れることができる、これまでと一味違った新しい映画鑑賞のスタイルです。
本上映回のみになりますので、日時にお間違いのないようご注意ください。

「ラストコップ THE MOVIE」トークイベント付応援上映会
劇場:新宿ピカデリー
5/28(日)16:00の回 上映後の登壇
登壇者:唐沢寿明、黒川智花、伊藤沙莉、田山涼成、マギー  ※敬称略、予定

【発売情報】
WEB  → 5/25(木)0:00 (=5/24(水)24:00)より劇場ホームページにて
窓口  → 5/25(木)劇場オープン時より
※WEB販売にて完売した場合は、窓口での販売はございません。

【料金】
劇場通常料金
※特別興行につき、各種招待券・割引券・株主優待・SMTMembersクーポンはご利用いただけません。ムビチケはご利用頂けます。

http://lastcop-movie.jp/news/2017/05/24/0528ouen/

このイベント、チケットが取れたら参加したと思います。

「サクラパパオー」東京公演観劇千秋楽 [黒川智花] [智花ウォッチング]

今日も「サクラパパオー」の昼公演に行ってきました(^_^)。今日が東京公演の千秋楽でした。4回目の観劇でしたが、これで今回は私は観劇予定終了です。舞台がDVDになることはあまりないので、今回もないのかなと思います。今日は2階席でしたが、智ちゃんの姿をしっかり目に焼き付けたつもりです。右手で赤いカバンを振り回すシーンだとか、「大穴かも知んないし」で足を踏ん張ったシーン(これは日によって変化がありました)とか、片足を一段高いところに置いて怒るシーンだとか。。。

見るたびに毎回少しずつ変えているシーンなどを発見するのも何度も見る楽しみですね。4回見ましたが、3回目が一番感動したような。そういえば、マネ日記にもありましたが、周りのお客さんが笑うところが毎回違うのが面白いですね。

この作品の脚本を書いた方は競馬が好きなんだなと思いました。単なるギャンブルではなく、ロマンを感じてこの作品を書いたということが伝わってきました。

今日は東京千秋楽ということで、スペシャルカーテンコールがありました。埼玉公演の時と違って、キャストのみなさんが、ポーズを取って「塚田僚一です」と一言言うというものでした。そのポーズというのは、塚田くんを含めて右足を伸ばしたまま横に高く上げるというもの(塚田くんがよくやるポーズですか?)でしたが、それをできない(?)人は別のポーズをとっている人(広岡さんとか)もいました。ともちゃんは、綺麗に足を高く上げていて、他の人から「若い!」と言われてました。

「サクラパパオー」東京公演観劇レポート [黒川智花] [智花ウォッチング]

今日、また「サクラパパオー」の舞台に行ってきました(^_^)。舞台も微妙に変わってきてますね。智ちゃんの演技もよりキレが出てきたような気がします。片足をメリーゴーランドの一段高いところに上げて怒るシーンも確かにありました。迫力ありました。悲鳴の上げ方もキレが増した気がします。背景の馬蹄形の舞台セットも埼玉の時とは(勘違いじゃなければ)違っていたと思います。スタンディングオベーションはありました。スペシャルカーテンコール(でしたっけ?)はありませんでした。埼玉の時より、女性比率が高い気がしましたが、どうでしょうか?

会場の東京国際フォーラム ホールCは、埼玉の会場より広く、こちらがメイン会場という気もしました。

智ちゃんへのお花も今回の方が多かったです。私も贈りましたが、知り合いのMARIさんやニコニコちゃんも贈られてました。私のお花は和久井映見さんが贈られたものと並んで置かれていて、何だか嬉しいです(^_^)。その写真を載せますね(^_^)。あ、お花はなかったですが、キャラメルボックスの西川さん(智ちゃんと親子役で共演あり)も観劇されたらしいです。

IMG_2434.jpg

一昨日更新されたマネ日記によると、智ちゃんもファンの皆さんからお花が届いて、喜んでいたそうです。掲示板での目撃証言によると、智ちゃんがお花と一緒に写真を取っていたらしいです(^_^)。

IMG_2426.jpg


IMG_2435.jpg

映画「ラストコップ THE MOVIE」初日舞台挨拶 [黒川智花] [智花ウォッチング]

映画「ラストコップ THE MOVIE」の初日に行ってきましたので、簡単にレポートします。

出演者の皆さんによる舞台挨拶があるということで、午前と午後の上映の両方のチケット取って参加しました。チケットは一応取れたのですが、午前は二階の最後尾、午後は一階の最後尾近くでした。

まず映画の感想ですが、まずまず面白かったです。傑作というわけではないですが、娯楽作品として及第点は取れてる感じです。感動的なシーンもありましたし、またシーズン2のようなコメディが好きな人は、特に面白く見れるのではないかと思います。この作品はこれでフィナーレの予定のようです。結末はかなり意外な感じでしたが、もう続きはないのかなと思いました。

この映画では一つ面白い試みがなされていました。エンドロールが終わったあとに短いボーナス映像が出るのですが、これがなんと10パターンもあるんです。普通の映画館での上映では、1パターンのみしか見ることができず、週替わりでランダムの変化するらしいです。でも、今日は特別ということで、その10パターン全てが上演されたので、わざわざ初日に行った甲斐がありました(^_^)。こういう色々なパターンのボーナス映像というのは、映画界初の試みだそうです。

午前は10時から上映されて、12時には終わりました。その後、残り9パターンのボーナス映像の上映があり、出演者のみなさんの舞台挨拶があり、その後、マスコミ向けのフォトセッションがありました。マスコミ向けの撮影タイムに、観客は予め配られた紙の鯉のぼりを振って撮影の雰囲気を盛り上げるように要請がありました(笑)。明日のワイドショーは要チェックかもしれません。あ、観客向けの写真撮影時間もちょっとだけありました。その写真を載せますね。全て終わったのは、12時45分ぐらいでした。

IMG_2407.JPG


智ちゃんは、衣装はノースリーブの黒い服と白、黒、薄い黄色、文字も入った少し芸術的な雰囲気もあるシックな感じの長いスカートでした。髪は、前髪ぱっつんに見えました。イアリングもしてました。MCの人(日テレの女子アナの人)にこの作品をどう思うかと訊かれて、最初の頃は亮太くんと一緒に京極さんを諌める(教育する?、監視する?)役割かと思っていたら、その内眺めるだけになってしまった、というようなことを言ってました。また、この作品が皆さんの心に残るようなものになるといいなというようなことも言ってました。

午後は13時20分からなので、ゆっくり食事する時間はありませんでした。午後は、上映の前に舞台挨拶がありました。こうすれば、出演者の皆さんの拘束時間が減るので、なるほどと思いました。午前はオールキャストでしたが、午後は武田玲奈ちゃんがいなかったような?

午後の舞台挨拶はマスコミの人がいなかったので、少しくだけた雰囲気でした。MCの人から佐々木希さん、和久井映見さん、智ちゃんに共演者の中でもしコンビを組むバディを選ぶとすると誰がいいかという質問がありました。佐々木さんはその時売り込んだ田山さん、和久井はやっぱり浩介さん、智ちゃんはかなり迷っている雰囲気で、窪田くんから10代の頃から一緒にやっている、という売り込みもあったんですが、やっぱり唐沢さんと答えていました。「10代の頃から一緒」というのは、ハツカレのことでしょうか?
Follow Me