So-net無料ブログ作成

「ぼんくら2」第6話の感想など [黒川智花] [智花ウォッチング]

「ぼんくら2」全7話のうち、第6話まで終わりました。第6話では、智ちゃん、出番が増えてきましたね(^_^)。犯人の候補が消えていって、やはり晴香先生しかないですよね。特殊メイク、気になりますよね。番組ホームページで、登場人物の所に晴香先生が載ってないのはわざとなんでしょうかね?葵さんからタバコを勧められて吸ったら変身してしまったとかかな?

特に根拠がなく、勝手な想像なので全然外れの可能性も高いですが、宮部みゆき作品だったら、ファンタジーの要素が入っていても不思議はないとは思うのですがね。このドラマ、昔懐かしい感じもあって、かなり好きですね。智ちゃんも、しっとりした演技ですね。でもそれだけでは終わらないですよね。きっと。

そういえば、ドコモのスマホ(とタブレット)向けの放送NOTTVはあまりうまくいかず、来年の6月末でサービスを終了するというニュースが流れています。智ちゃんが「ラヴコンシェル」という番組に何年か前に出演した時に、スマホを機種変して観たのが懐かしい思いです(^_^)。当時は、ドコモのスマホの少数の機種でしか見れず、排他的なので、筋が悪いサービスだなと思った記憶があります。やはり生き残らなかったですね。ドコモはdTVというサービスもやっていて、こちらは汎用性が高いので、まだ伸びそうです。こちらに注力していくことになるのでしょうね。

11/26の智花日記では、以前「菊次郎とさき」で親子役で共演した室井滋さんと食事に行ったことが書かれていました。「いつもおおらかで優しいかあちゃん。 とっても幸せな時間でした。」と書かれていました。ホント、そんな感じの方ですよね。室井滋さんのエッセイ「すっぴん魂」も智ちゃんに奨められて読んだことがありますが、非常に面白かったです。

「ぼんくら2」の感想など [黒川智花] [智花ウォッチング]

掲示板の方にはちょくちょく書き込んでいたんですが、ブログの更新が随分久しぶりになってしまいました。

今日はドラマ「ぼんくら2」の感想などを少し書きたいと思います。

全7話のところ、5話まで終わりました。智ちゃんの出番は毎回1シーンか2シーンぐらいですが、どうも犯人かその周辺の人物のようで、最後に見せ場がありそうです。これまで見たところでは、気さくで優しい寺子屋の先生だけど、なんとなく怪しげな雰囲気が漂うという感じでした。第5話は回想シーンだけでしたが、犯人を推理する人物の推理にぴったりはまる感じで、犯人可能性率90%以上という感じです。撮影時に、特殊メイクをしたらしいのですが、正体は妖怪とかその類なんでしょうか?「子取り鬼」というのが出てくるのですが、これは人間が扮しているもので、智ちゃんが演じている晴香先生の正体はそれとは別の感じです。子供の首を絞めたりしたようですが、「子取り鬼」の仕業に見せかけるのに利用しているようです。とにかく、あと2回どういう展開になるのか、注目です。

このドラマ、なかなか面白く感じられます。宮部みゆき作品だけあって、ストーリーの展開は全く読めない感じです。登場人物にそれぞれ個性が強く、ややコメディタッチです。制作スタッツの平均年齢が非常に高いらしいのですが、少し懐かしい感じのややスローペースで物語が進む感じもあります。刺激的なシーンがスピーディに変化していくドラマに慣れていると、ややまどろっこしく感じる人もありそうですが、こういうドラマのまたいいなと思います。もっとも智ちゃんが出演しているから見ているのですが。

智ちゃんは、別のドラマの撮影をしていましたが、今は撮影がなく、プチ充電期間のようです。ディズニーシーに行ったりして楽しんでいるようです。今年も舞台出演はないようですね。確か、去年も舞台には出ず、2年連続で舞台からは遠ざかっています。

私は今年はキャラメルボックスの舞台に2回行きました。岡内美喜子さんが出てた「パスファインダー」と木村玲衣ちゃん主演の「時をかける少女」です。クリスマス公演の「BREATH」もチケットを2枚取ってます。岡内美喜子さんがこの公演中に2000舞台を達成されるらしいです。キャラメルボックスオーナークラブというのに入ってこの劇団を応援していますが、今の所「BREATH」のチケットの売り上げがあまり芳しくないようです。みなさん、ぜひこの舞台に入ってキャラメルボックスと岡内さんを応援しましょう(^_^)。
http://www.caramelbox.com/stage/30th-5/

今クールで見ているドラマは、「ぼんくら2」、「相棒14」、「花燃ゆ」です。どれもかなり面白く感じています(^_^)。

Follow Me