So-net無料ブログ作成

映画「ラストコップ THE MOVIE」初日舞台挨拶 [黒川智花] [智花ウォッチング]

映画「ラストコップ THE MOVIE」の初日に行ってきましたので、簡単にレポートします。

出演者の皆さんによる舞台挨拶があるということで、午前と午後の上映の両方のチケット取って参加しました。チケットは一応取れたのですが、午前は二階の最後尾、午後は一階の最後尾近くでした。

まず映画の感想ですが、まずまず面白かったです。傑作というわけではないですが、娯楽作品として及第点は取れてる感じです。感動的なシーンもありましたし、またシーズン2のようなコメディが好きな人は、特に面白く見れるのではないかと思います。この作品はこれでフィナーレの予定のようです。結末はかなり意外な感じでしたが、もう続きはないのかなと思いました。

この映画では一つ面白い試みがなされていました。エンドロールが終わったあとに短いボーナス映像が出るのですが、これがなんと10パターンもあるんです。普通の映画館での上映では、1パターンのみしか見ることができず、週替わりでランダムの変化するらしいです。でも、今日は特別ということで、その10パターン全てが上演されたので、わざわざ初日に行った甲斐がありました(^_^)。こういう色々なパターンのボーナス映像というのは、映画界初の試みだそうです。

午前は10時から上映されて、12時には終わりました。その後、残り9パターンのボーナス映像の上映があり、出演者のみなさんの舞台挨拶があり、その後、マスコミ向けのフォトセッションがありました。マスコミ向けの撮影タイムに、観客は予め配られた紙の鯉のぼりを振って撮影の雰囲気を盛り上げるように要請がありました(笑)。明日のワイドショーは要チェックかもしれません。あ、観客向けの写真撮影時間もちょっとだけありました。その写真を載せますね。全て終わったのは、12時45分ぐらいでした。

IMG_2407.JPG


智ちゃんは、衣装はノースリーブの黒い服と白、黒、薄い黄色、文字も入った少し芸術的な雰囲気もあるシックな感じの長いスカートでした。髪は、前髪ぱっつんに見えました。イアリングもしてました。MCの人(日テレの女子アナの人)にこの作品をどう思うかと訊かれて、最初の頃は亮太くんと一緒に京極さんを諌める(教育する?、監視する?)役割かと思っていたら、その内眺めるだけになってしまった、というようなことを言ってました。また、この作品が皆さんの心に残るようなものになるといいなというようなことも言ってました。

午後は13時20分からなので、ゆっくり食事する時間はありませんでした。午後は、上映の前に舞台挨拶がありました。こうすれば、出演者の皆さんの拘束時間が減るので、なるほどと思いました。午前はオールキャストでしたが、午後は武田玲奈ちゃんがいなかったような?

午後の舞台挨拶はマスコミの人がいなかったので、少しくだけた雰囲気でした。MCの人から佐々木希さん、和久井映見さん、智ちゃんに共演者の中でもしコンビを組むバディを選ぶとすると誰がいいかという質問がありました。佐々木さんはその時売り込んだ田山さん、和久井はやっぱり浩介さん、智ちゃんはかなり迷っている雰囲気で、窪田くんから10代の頃から一緒にやっている、という売り込みもあったんですが、やっぱり唐沢さんと答えていました。「10代の頃から一緒」というのは、ハツカレのことでしょうか?
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

Follow Me